読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ののむらさんち

オススメしたい食べたもの、行った場所、気になったことを書いています

江東区:珈琲豆との距離が近くなる コーヒーショップ「The NorthWave Coffee」

koto.keizai.biz

高橋のらくろ〜ド商店街にコーヒーショップがオープンしたということで行ってきました。

f:id:nononao:20150610233916j:plain
高橋のらくろ〜ド商店街、日曜日は歩行者天国になります。のらくろがたくさんいる商店街です。

「The NorthWave Coffee」は森下駅から徒歩5分、清澄白河駅から徒歩5分のところにあります。


f:id:nononao:20150610234216j:plain

お店の目印はこちらの黒いボード。
お隣は「昭和堂靴店」(お得な値段の商品多数)です。


f:id:nononao:20150610234433j:plain

店内は白を基調とした明るい雰囲気。


f:id:nononao:20150610234613j:plain

メニューは

【HOT】     
ドリップコーヒー  250/350(small/regular)
カフェラテ     400/450(single/double)
アメリカーノ    350/400(single/double)
エスプレッソ    250/300(single/double)
ジブラルタル    300(店内のみ)
デカフェ      350

【ICE】
アイスコーヒー   300
アイスラテ     400/450(single/double)
アイスアメリカーノ 350/400
アイスデカフェ   350

(※2015年6月現在)

店頭にあるコーヒー豆を選んで注文します。

さて注文するぞとなってメニューを見てみると。
ジブラルタルって何だ? デカフェって…?? となった私。
オーナーに聞いてみたところ優しく教えてくれました。

ジブラルタルは、ダブルエスプレッソにスチームミルクを加えたもの
デカフェはカフェインをとると頭が痛くなる人なども飲めるようにカフェインを除去したもの
だそうです。



暑い日で初めての訪問だったので、オーソドックスにアイスコーヒーを注文をすることにしました。

アイスコーヒーを注文したい旨を伝えると
アイスコーヒーにおすすめの豆を3つピックアップしてくれました。

フルーティーなもの。
アイスコーヒーにしてもコーヒー豆の味が全く負けないもの。
酸味が全くないもの。


どれも気になると迷いつつ、今回は酸味が全くないコーヒー豆を選びました。

f:id:nononao:20150610235833j:plain

ブラジル セラ・ネグラ農園ムンドトボ種。

酸味が全くないという説明の通り、コーヒーの苦みがしっかり活きた飲みやすい味でした。
(帰宅して味を思い出すと、アイスカフェラテにして飲みたい濃さで近々、豆で購入しようかなと考え中です。)


ちょうど他にお客さんがいなかったというのもあり、コーヒーを入れてくださっている間や飲んでいる間、
オーナーさんとお話をすることが出来ました。

コーヒー豆の実はどのように穫っているのかという今まで知らなかった世界から仕事の話まで。
優しい話し口調で、話題も豊富なオーナーさん。
初めてお会いしたとは思えないくらい話が広がりました。


ふと、コーヒー豆の値段が500円台〜900円台と違うにも関わらず、
アイスコーヒーの値段が一律300円ということが気になったので聞いてみました。

コーヒー豆を買うには味を知らないと手を出しづらいと思うので、味を知るためのお試しの1杯としても提供したい
というお値段設定だと言っていました。

コーヒー豆自体も購入しやすいように50gから購入可能だそうです。

今後、コーヒー教室やコーヒー豆焙煎体験等も企画しているようなので、
参加したいなと思っています。


https://www.facebook.com/TheNorthWaveCoffee?fref=tswww.facebook.com

コーヒーショップ「The NorthWave Coffee」さんのオフィシャルサイト。
こちらでしか得られない【裏メニュー】情報が投稿されています。