読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ののむらさんち

オススメしたい食べたもの、行った場所、気になったことを書いています

ハネムーン3日目:シュノーケリングと夕焼け 一期一会な体験が出来る「レジデンスモルディブ」

na03.hatenablog.com

na03.hatenablog.com

 

 

f:id:nononao:20151213182532j:plain

無料でレンタルしたフィンを持って。フィンのサイズも豊富でフィッティングもしっかり確認してくれます。

 

The Residence Maldives(ザ レジデンス モルディブ) に到着して2日目。

この日はシュノーケリングを思いっきり楽しみました!

 

シュノーケリングセットは無料で借りることが出来ます。

 

シュノーケリング経験ほぼ0のような私でしたが、レジデンスモルディブ周辺は脚がつくような浅い場所が多く安心して楽しむことが出来ました。

 

この日のために購入したと言っても過言ではない水中カメラ。

魚に出逢う度に撮りました!

 

撮りすぎたので、その中のほんの一部を。

 

f:id:nononao:20151213183227j:plain

f:id:nononao:20151213183620j:plain

f:id:nononao:20151213183951j:plain

今までシュノーケリングをしたことがないというのは、なんて勿体ないことをしていたんだ!

というくらい興奮しました。

 

予測が出来ない広い海のなかでの出逢い、次はどんな魚に出逢うのだろうかとワクワクしながら泳ぎました。

 

 

そんななか一番興奮した出逢いは……

 

f:id:nononao:20151213183856j:plain

 

です!

 

事前の情報収集で鮫がいるというのは分かっていたのですが、実際に泳いでいる時に出逢えた時の興奮はすごかったです。

 

泳いでいる時に鮫と出逢えたのはこの時のみ。

(レジデンスモルディブ内を歩いている時に上から見下ろす形ではこの後も何度か見掛けました。)

海のなかの一期一会にハマりつつも、お腹がすいてきたのでお昼に。

 

この日はプール近くのカフェで食事をしました。

 

f:id:nononao:20151213191208j:plain

カフェはこのような外でも食べることが出来ますが、日中は暑いので皆、屋根があるところを利用します。

 

ランチメニューはオールインクルーシブ内で選べるものからセレクト。

シーフードタイカレーにしました。

 

f:id:nononao:20151213191549j:plain

シーフードがたっぷりの贅沢カレー! また食べたいです…

 

f:id:nononao:20151213191603j:plain

盛りつけもオシャレ

 

モルディブのホテルを選ぶにあたって、食事の良し悪しも重要だなと思い口コミを英語も含めて色々調べたのですが、レジデンスモルディブは好評な意見が多かったです。

 

実際に満足な味だったので、食事の時間も楽しみでした。

 

 

食後、少し休憩をしてからカヌーを漕いで、ホテルが所有している無人島へ。

 

無人島まではカヌーで10分〜15分ほど。

今までカヌーを漕いだ経験は数回ほどですが、波が穏やかななのもあって難なく到着出来ました。

 

f:id:nononao:20151213192806j:plain

カヌーも無料で借りられます。無人島は徒歩5分くらいでまわれるとても小さい島です。

 

f:id:nononao:20151213193510j:plain

ホテル側では出逢わなかったヤドカリもいました

 

無人島でもやることはシュノーケリング

 

f:id:nononao:20151213193710j:plain

f:id:nononao:20151213193734j:plain

 

午前中はやみくもに撮っていたので、午後は1匹1匹にフォーカスをあてて撮影をすることに意識してみました。

この2種類は滞在中一番見掛けることが多かった魚です。

 

 

夕方ちかくになると潮が満ちてきて、波も少し荒くなってくるので、この日のシュノーケリングは夕方前に引き上げ。

 

ビーチで夕日を眺めました。

 

f:id:nononao:20151213194406j:plain

f:id:nononao:20151213194254j:plain

 

海のなかの魚との出逢いもその場その時限りですが、夕日もその場所でそこにいたからこそ見られる特別なもの。

 

「来て良かった!」と思える最高の瞬間です。

 

f:id:nononao:20151213194611j:plain

ホテルスタッフの方が撮ってくれました。

 

 

夜は事前予約が必要なレストラン「ファルマ」にて夕食。

 

f:id:nononao:20151213194803j:plain

「ファルマ」はドレスコードあり。特に男性は半ズボン、ビーチサンダルNGなので要注意。

f:id:nononao:20151213195356j:plain

メインの島から200m近く沖に作られたレストランです。「ファルマ」までの行き帰りもバギーカーが利用出来ます。

 

「ファルマ」はオールインクルーシブの人は1人75ドルまでは料金が掛かりません。

はじめは料金内におさめようとメニューを見ていたのですが、せっかくの機会だから気にせずに注文をしよう!ということになりました。

 

f:id:nononao:20151213200327j:plain

 

お昼のシーフードが美味しかったので、夜もシーフードがメインのものを注文しました。

 

モルディブは土地面積よりも海の面積のが断然多い国なので、シーフードに自信があるそうです。

(その分、肉類は輸入に頼ることも多いみたいです。)

 

シーフード好きには堪らない旅先です!

 

 

 

食事の間、水上コテージのバルコニーに三脚を立ててカメラに頑張ってもらいました。

 

f:id:nononao:20151213200849j:plain

 

三脚を持っていこうか持っていかないか迷ったのですが、持っていって良かったなと思った1枚になりました!

 

夜の撮影時に限らず、コテージ内でもツーショットが撮れたり、シュノーケリングの時に戻るコテージの目印代わりになったりなど。

意外と活躍の場がありました。

 

 

シュノーケリングにハマったこの日。

レジデンスモルディブに丸1日いられるのが翌日のみになったため、

「朝6時に起きてシュノーケリングしよ♡」

と夫を誘いました。

 

「起きることが出来たらね〜」

という返事の夫。

 

多分、起きられないと思ったうえでの返事だったのだと思います。

 

が、こういうときの私は起きることが出来ちゃうんですよ!!

 

 

4日目に続く