読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ののむらさんち

オススメしたい食べたもの、行った場所、気になったことを書いています

ハネムーン5日目:外周5km、人口密度世界1位 モルディブ首都マーレ観光

f:id:nononao:20151217002450j:plain

 

ネムーン最終日、日の出の時間から1日が始まりました。

 

名残惜しい気持ちで海を眺めていると……

 

 

f:id:nononao:20151217003253j:plain

 

ウミガメ発見!!

 

近くから撮れませんでしたが、海を優雅に泳いでいるウミガメの姿にとても興奮しました。

 

f:id:nononao:20151217003633j:plain

チェックアウトぎりぎりまで海遊び

f:id:nononao:20151217003928j:plain

カメラだけ水中にいれてシャッターを切っても魚がすぐ写ります

 

チェックアウト後、水上ボートの出発まで時間があったので、フロント近辺やライブラリーで過ごしました。

 

f:id:nononao:20151217004454j:plain

夕食で利用したレストラン「ファルマ」

 

f:id:nononao:20151217004642j:plain

浜辺でついた砂を洗いおとす桶

 

f:id:nononao:20151217004816j:plain

ライブラリ—。ボードゲーム、テレビゲーム、本、雑誌などが置いてあります。

 

ライブラリ—で昼食を食べて、のんびり過ごしているうちに水上ボートの出発の時間になりました。

 

f:id:nononao:20151217005040j:plain

バギーカーでお迎え

 

f:id:nononao:20151217005123j:plain

See you again!!

 

行き同様に水上飛行機に乗って、マーレ空港へ。

 

マーレ観光の始まりです。

 

マーレ空港は首都マーレの近くの島にあります。

そのため、マーレは水上ボートで向かいます。

 

f:id:nononao:20151217005806j:plain

観光客のみだけではなく、日常でも利用される水上ボート。観光客は片道1人1ドル。

 

f:id:nononao:20151217010210j:plain

 

f:id:nononao:20151217010230j:plain

ビルがぎゅっと詰まっているのが分かります。

 

f:id:nononao:20151217010410j:plain

 

水上ボートで約10分、マーレに到着です。

 

到着後、事前にお願いをしていたガイドさんと合流をして、マーレ観光を2時間半ほどしました。

 

f:id:nononao:20151217010720j:plain

政府のボートなども警備等なく船着き場に

 

マーレについての知識ゼロな私たちにガイドさんがモルディブの歴史などと共に観光名所を案内してくれました。

 

f:id:nononao:20151217011239j:plain

 

「へー!」となったことがたくさんあったのですが、そのなかのいくつかを箇条書きで。

 

モルディブは独立して今年50周年

・独立後、イスラム教

・マーレは外周約5キロ、人口約10万人、人口密度世界1位

モルディブの人口のうち1/3がマーレに住んでいる

・狭い土地のなかに住んでいるので、悪いことをすると住み辛くなる

 →それもあって治安が良い

・休日は金曜日と土曜日(観光系は除く)

イスラム教なので、お祈りの時間はお店が閉まる

・政府の勤務時間は6時間

 

独立前は漁業がメインだったのが、独立後、今より約30年前からリゾート業が軌道に乗り始めたそうです。

モルディブの島は約1,000あってそのうち現在有人の島は約200。

まだまだ無人島が多いので、今後もリゾートは増えていくだろう、と言っていました。

(実際、今回宿泊したレジデンスモルディブも現在他の無人島を買い取り拡大工事中。完成後、モルディブで一番面積のあるリゾートホテルになるそうです。)

 

f:id:nononao:20151217014437j:plain

大統領が生活をする家

 

政府関係の建物をいくつか案内してもらったのですが、どこも警備員がおらず、治安の良さというのが予想の範疇を超えていました。

唯一、軍事系の建物近辺は警備もしっかりしており、写真もNGでした。

 

f:id:nononao:20151217014932j:plain

モルディブ独立50周年をお祝いしての公園の装飾

 

人口密度世界一位というだけあって、どこを歩いても人、人、人。

バイクも多く、ゆっくりと写真を撮ることが難しい場面も少なくなかったです。


f:id:nononao:20151217015001j:plain

 

マーレで有名なモスク(寺院)も案内してもらいました。

 

まずはマーレで一番古いモスクへ。

 

f:id:nononao:20151217015042j:plain

f:id:nononao:20151217015107j:plain

f:id:nononao:20151217015138j:plain

こちらの建物は全て白珊瑚で作られており、そのような建物はここしかないそう。

貴重な建物なのですが、「触ってみて!」とのことなので、有難く触らせて頂きました。

 

そして、マーレで一番大きいモスクも。

f:id:nononao:20151217015201j:plain

 

お祈りをするモスクの場所はどこを利用しても良いそうなのですが、一番大きいとあって、人の出入りが特に多かったです。

 

 

そして、お土産屋へ。

f:id:nononao:20151217015214j:plain

テレビを観ている店員さん。お土産屋で物色中、ガイドさんはモスクへお祈りへ。

 

マーレのお土産屋は基本ディスカウント形式。

「関西の人は得意だよね」とガイドの人に言われましたが、私は生粋の関東人。

 

ディスカウントはガイドの人に「まぁそんな値段だね」と言われる結果になりました。

 

モルディブのお土産というと、紅茶がよく知られているのですが、実際のところ近隣の国で作られているらしいです。

チョコレートなども中身は近隣国で作られて、パッケージのみモルディブで作られているとか。

 

「真のモルディブ土産は黒真珠!」

と言われましたが、紅茶とチョコレートを購入しました。

 

その後、夕飯へ。

空港近くでも食べられるということでしたが、せっかくなのでマーレで食べることに。

 

食べたのはモルディブカレー!

 

モルディブカレーは使っているパウダーがモルディブ独自のもので、他国のカレーの味とは異なるというのを食べる前にガイドさんから教えてもらいました。

 

f:id:nononao:20151217021456j:plain

シュリンプカレーを注文。エビがごろごろたくさん入っていました。

 

f:id:nononao:20151217022059j:plain

ガイドさんオススメのライスをセットで。少し甘みのあるカレーパウダーとバターが入っているような味

 

モルディブカレー、後からツンとくる辛さでした!

食べられないという辛さではなく、暑い気候にあった辛さでスプーンが進みます。

 

食後、飛行機のチェックインの時間も近づいてきたので空港に戻り、出国。

 

f:id:nononao:20151217023101j:plain

空港内にはお祈りをする部屋も。

 

事前知識もそれほどなく、えいっと行ったモルディブでしたが、行って大大大満足のハネムーンになりました。

私たちは仕事の都合もあり4泊6日だったのですが、時間があったら5泊、6泊としたかったです。

 

 

時系列で5日分書いてみましたが、話が長くなりそうだったりして書ききれなかったことがまだまだあるので、次のブログでは

モルディブ旅行に行く前にネットで調べたこと、実際はどうだったか?

について書きます。

チップとか、バドラーについてなどです。

 

na03.hatenablog.com