読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ののむらさんち

オススメしたい食べたもの、行った場所、気になったことを書いています

“青春全部かけて強くなる” 映画「ちはやふる 上の句」(3月19日公開)

f:id:nononao:20160318143003j:plain

映画「ちはやふる 上の句」を試写会で観てきました!

原作は現在も連載中の少女漫画。

 

2009年第2回マンガ大賞受賞、2010年「このマンガがすごい!オンナ編」第1位獲得、2011年第35回講談社漫画賞少女部門受賞、コミックス累計発行部数1600万部突破(2016年3月時点)。ダイナミックな“競技かるた”の魅力、等身大の高校生たちの熱き青春群像を描き、少女コミックスの枠を超え男子からも人気を博す、青春マンガの大本命「ちはやふる」(末次由紀講談社「BE・LOVE」連載)が満を持しての実写映画化

 

原作は1巻のみ読んだことがあっての試写会だったのですが、試写会を観た後に現在発売中の31巻まで一気に読んでしまいました。

原作を読んで、また改めてもう1度「ちはやふる 上の句」を観たくなっています。

 

明日から公開なので、ネタばれは極力しないようにしつつ感想を少し。

 

百人一首を用いた競技である「競技かるた」。

百人一首については学校の授業で学んだことはあるものの、競技かるたについては知識ほぼなしの私でしたが、観終わった時にはすっかり「競技かるた」の魅力に惹かれてしまっていました!

素振りの練習をするくらい!

 

かるたというと和でおしとやかなイメージなのですが、スピード感が半端ないです。

どのくらい速いのかというのは、実際の試合を見てみると分かります。

 

www.youtube.com

 

読まれるかるたを1秒ではなく、0.何秒の世界で自分の札にしていきます。

 

このスピード感を映画では分かりやすくアツく表現してくれています。

知性も体力も両方備えていないと出来ない競技だというのがよく分かります。

あと、努力できる才能。

 

www.youtube.com

 

宇宙兄弟」「3月のライオン」など努力がカッコよく見える作品が好きなのですが、「ちはやふる」もその “努力カッコ良い!!” センサーに引っかかりました。

努力は大切系名言がよく出てきます。

ちはやふる」は、努力を自分なりにしても勝ち負けがあるというのが作品を引っ張っていっています。

 

その中でも特に印象だったセリフがこちら。

 

青春全部かけたって強くなれない?

かけてから言いなさい

 

シビれる!!

青春全部かけた努力ってどれくらいのものになるんだろう?

そのくらいの努力をしてみたいっていう気持ちにさせてくれるのが「ちはやふる」です。

 

役者の方たちの精一杯の努力の形もスクリーンで大きく輝いていました。

 

 努力が好きな人たち、何かにアツくなるのがちょっと恥ずかしい人たち、広瀬すずさんをはじめとする出演者の方が好きな人たちに是非観てもらいたいです。

 

chihayafuru-movie.com

 

ちなみに漫画では若い人たちだけが「青春」じゃないっていう部分も丁寧に描いてくれています。大人たちがこれでもかと努力し続ける姿に何度も目頭が熱くなったくらい。

漫画も是非!